本文へスキップ
雷サージ対策は、セキュリティの一環と考えます。

移動通信基地局の落雷サージ対策Cellular

移動通信基地局の雷害再発を防止

保護実績
 移動通信基地局は、その設備を高所に設置することが多く、その為に、直撃雷、または誘導雷により、設備故障が発生しています。
当社では、通信事業者様の調査により落雷被害が多発していた移動通信基地局をワーストから選定し、当社の電源経路および接地線(アース)経路保護用のSPD(避雷器)を
2013年より設置し、現在まで、移動通信基地局設備の落雷被害の再発を防いでいます。

保護効果の向上と働き方改革
 落雷による被害は、広範囲に発生することが多く、障害箇所全てのサービス復旧に、時間を要します。
高性能なSPDを導入することにより、被害エリアの縮小化し、保守要員の
突発的な出動回数を激減しています。 
当社製品の特長と効果
 サージ(過電流・過電圧)対策
  過電流の最大吸収量が大きい
  過電圧抑制力が強力
 保護回線:電力線は勿論、
大地(アース線)から流入する(逆流雷)に対応
 
分離機能内蔵(混触防止)
 コンパクト設計:1台で直撃雷サージ(Class1)誘導雷サージ(Class2)対応

   
 型式  AL-3145-T21 
 定格使用電圧  単相二線 AC120V 
 最大放電電流 15kA(10/350μs) 50kA(8/20μs)   
 繰返寿命 500回 
 電圧防護レベル 570V以下 
 定格使用電圧 120V
 筐体材質 難燃性プラスチック 保護等級 IP20
 配線接続方法
電源線/接地線 各 最大AWG3 (25sq 
警報接点C接点) 最大AWG14 (1.6sq 
 使用温度・湿度  -40℃〜+85℃ 5〜95%RH(相対湿度) 
 状態表示  製品寿命時フラグ突出  
 外形寸法  105×36×69(mm) 
 取付方法 DINレール取付(35mmDINレール) 
 重量 200g  
 適合規格  UL1449 3rd IEC 61643-11  JIS C-5381-11  JIS-ClassTU
 安全対策  短絡ヒューズ内蔵 素子寿命時は警報接点出力と同時にフラグ突出
自動切離し機能搭載(SDP分離機能)
 仕様書  仕様書(PDF)
   

お問い合わせは、こちらまで

お問い合わせフォームへ

バナースペース

株式会社 エスアールエス

〒810-0001
福岡市中央区天神2-3-36
ibb fukuokaビル5階
tenjin point内

TEL 092-287-9268
FAX 092-287-9289

本文へスキップ